自律神経失調症

自律神経失調症

人付き合いが苦手な人で、無理をし続けるとその人の性格によっては体や心に支障をきたし、病院に通う事態になってしまう場合があります。特に精神的にまいり自律神経失調症になることも少なくありません。

自律神経失調症になりやすい人とは、男性で言いますと職場などで責任感の強い人や几帳面、内向的で心配性な気の弱い人がストレスを溜めてしまいます。女性は特になりやすいのですが、冷え性や血圧の低い人、また更年期やホルモンの変調、出産前後にも自律神経に大きく関りますね。

女性によく聞く更年期障害とは40代から50代の閉経期に起こるホルモンバランスが乱れて生じるいわゆる自律神経の失調症ですが最近学会で男性にも起こる事が発表されています。40代後半男性の男性ホルモンが減ることで自律神経に支障が起きて、吐き気やめまい、動悸などの症状が見られる傾向があります。

自律神経の症状は、会社や様々な場面での人付き合いによる社会的ストレスや心理的な傷みから生じるので病院には心療内科に受診して貰う人が多いです。

この症状とよく似ている病名が身体化障害といいます。細かく言いますと、起立性低血圧や緊張性頭痛、過敏性腸症候群やメニエール症候群、逆流性食道炎、片頭痛や加呼吸症候群などがあるのです。確かに私自身も職場での人間関係で悩んだ時期には、胃腸の調子が悪くなり、下痢が続いた事もありましたね。

自律神経は人間が生きていく上で最も安定していなければならない神経です。病院では薬物での療法や、患者の心の中の混乱をまず聞いてあげてから言葉や態度によって整理し、気持ちが軽くなるように解決する一般心理療法があります。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ