そう欝病

そう欝病

人付き合いが元々苦手でも職場関係や学校関係など回避することもできず無理をしてストレスを溜め込んでしまい、挙句の果てにそう欝病にまでなってしまう人も現代は多いと聞きます。

そう欝病になりやすい人とは、感情の表現が苦手で口べたな人、真面目で几帳面、柔軟性に欠けていて些細なことにも拘り過ぎてしまう人、そして他人に任せる事のできない責任感の強い人や、完璧主義者、また他人の噂や自分に対しての評価を気にし過ぎる人、ネガティブ(マイナス)思考の人です。

そもそも、そう欝病とは躁状態と欝状態が繰り返される精神的な疾患のことを言います。データによると100人に1人はこの症状を発症するくらいとても身近な病気だといえます。

最近は流行り言葉の様に"プチ欝"だと言って数日間だけ引きこもりの様になったり、倦怠感やけだるさを訴える人も多いです。確かに私もそんな症状になった事はありますが、皆悩みを持つ人や嫌な事があった時は外出もしたくないですし人との会話もしたくない日はあるものです。

そう欝病は、それ以上に心の浮き沈みが極端に激しく、本人にとっても周りの家族にとってもいつ完治するか分からない時間のかかる病気なので長丁場になり皆負担がかかってしまいます。

また、そう欝病になる原因として、遺伝性も考えられます。家系にそう欝病にかかった人がいれば、病院で感情調整剤を事前に服用し続ける事が予防になります。

でも引き金となる一番の根源になるストレスをまず日々溜めないように、発散方法を自分なりに考えて人付き合いが苦手ならば、一人でできる趣味、たとえば絵を描いたり読書をしたり、水泳に行ったり寡黙な人でも人の事を気にせずできる趣味は沢山あると思うので、なるべく何か気分の転換をして溜め込まない事が秘訣だと思います。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ