パニック障害

パニック障害

どんな人でも、人生生きている間に一度や二度、パニックになることがあると思います。どうしても苦手な人付き合いで我慢し過ぎて精神的にまいってしまい、さらに人間関係で衝撃的な出来事があれば、最悪の場合欝病になったりパニック障害になることもあるのです。

私にも経験があるのですが、職場の女子社員が酷い喫煙者で吸わない私がいるにも関わらず始終、隣のデスクで仕事中やお昼にお弁当を食べている時でも無神経に吸っている態度と煙に悩まされて1年半我慢しましたが、結局私は肺に支障をきたし尚且つ精神的にその悩みを我慢していたせいかその頃から、激しい動悸や息切れ、胸の痛みや冷や汗が出るようになり、それがパニック障害だと分かったのは、電車に乗ったときに激しい動悸とめまいで息ができなくなって途中の駅で降りて、少しベンチで座って外の空気を吸って落ち着かせていた事があったので、病院に行ってそれがパニック症状だと分かったのです。

結局、診断結果は"職場での喫煙の煙を吸ったのが肺を悪くさせた原因でもあるが、一番は精神的な問題によって自律神経が乱れてパニック障害になり精神的ダメージから肺にも影響がきたのだ"と言われましたね。結局、私は仕事を辞めたのですが社長自体がヘビースモーカーで今時珍しい禁煙オフィスにもしない限りその女子社員は野放しで、そんな姿勢の会社には、習得したい事があっても向上はできないと辞める判断をした、私の選択は正しかったと思います。

1年半の間に煙に我慢しながら事務的なパソコンのスキルは何とか身につけたので、自分なりに納得はしていますが、会社は簡単に辞められない事で、同じ職場の苦手な人付き合いを我慢して大事な体を壊してしまってはいけません。

難しい選択かもしれませんが、人間関係で悩みを打ち明けられる同じ職場の人がいれば相談するか、思い切って他の職場に変わるか、年齢的なものもあって難しい場合があると思いますが精神的に壊れてしまうまでにその最悪な状態から回避するべきかと経験上思います。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ