拒食症

拒食症

人付き合いで、苦痛を凄く感じ、心身に支障をもたらす障害を回避性人格障害と言いますが、そう診断された女性の場合医学的因果関係こそは無いですが拒食症や過食症を併発してしまう場合が多いと専門家はいいます。

拒食症はよく聞く話で、痩せたい思いからダイエットをキッカケに食べるのを我慢し、口に入れると太る恐怖感から、お腹がすいて食べてもその直後に吐き出してしまったり、身体自体が何も受け付けなくなる栄養失調状態になってしまい、最後は死に至ってしまうケースもあります。

しかし、ダイエットがきっかけでなく人付き合いからのキッカケで拒食症になるケースも少なくないのです。誰でも、一度は経験があると思いますが、精神的に悩みを抱えている時は食欲が無くなりますね。

人間関係が原因でしかも学校や職場内での悩みならば、簡単に解決できないままに避けることができない毎日を過ごさないといけません。とても辛く、精神的にダメージを受けます。当然、食欲も無くなり食べない状態が続くと、女性ならばホルモンバランスが崩れて月経が無くなったり、低血圧や低体温などの症状が生じてきます。

精神的な疾患で月経が1年以上無くなってしまった知人がいましたが、その原因となっていた夫との離婚話が成立して子供の親権が母親に決まりある程度落ち着いた辺りから、また月経が始まったと聞きました。その知人は夫と親権を争っていた1年の間に痩せてしまいやはり、食欲が無く物を口に入れると吐き気をもよおし軽い拒食症になっていたと話していました。

人付き合いと言っても、他人同士、そして身内関係と様々ですが相談できる身近な人がいない場合は、体が酷い状態になるまでに心療内科や精神科に行く事が良いと思います。病院に抵抗がある方も多いと思いますが、最近では気軽に皆足を運べる心療内科はお勧めだと思いますね。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ