適応障害

適応障害

友好的な人付き合いができる人、できない人の差は相手の性格やその時の状況に対して適応できるかどうかで左右されます。適応障害という人付き合いにおいて最も弊害になる病気があって、この病気はどんな社会環境でも上手に適応することができない一種の精神障害です。

学校の不登校や職場での人間関係は勿論、仕事への意欲も無い状態の人を言います。誰もが生きていく中で、心理的なストレスや個人の性格、環境による毎日の様々な刺激に対応しながら、自己抑制したり、気分転換をしながら上手くバランスを保って生活をしているわけですが、ストレスが極度に過剰状態の時や、心理的に脆弱な時にバランスが大きく崩れてしまいこの適応障害を発症してしまいます。

症状は、過度の不安や過敏、こう欝的な精神症状が見えて、頭痛や食欲不振、不眠症、腹痛など体に症状が出てきます。そうなると学校では遅刻が多くなり不登校になったり、成人では飲酒の過剰や無断欠勤も多くなってどんどん社会生活から逃避していく傾向に陥ってきます。

酷い場合は他人どころか親兄弟への対人関係まで避けるようになり社会的な機能が不可能で、うつ状態の引きこもりになってしまうのです。ここまでの症状になるまでに周りの家族は単に怠けているのか、わがままな行動をしているのかを見分けてあげる必要がありますね。

学生の引きこもりは年々増えている傾向があります。学生がそのような行動を起こし始めたら親は、しっかりと見守って病気なのか、話し合いで解決ができる状況なのか子供の危険信号を見ておくのが大事だと思います。

病気的だと判断した場合は即座に解決策を考えて病院に相談に行くなど、子供が早期に完治するように努力しなければいけません、それが親の責任だと思います。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ