女性ストレスの月経障害

女性ストレスの月経障害

女性は10歳過ぎあたりに月経が始まってから、50歳前後の閉経までの数十年間、月に一度憂鬱な数日間を過ごさなければいけません。特に20代後半から30代、40代の結婚、出産から子育てと仕事の両立、次々と巻き起こる悩み多き日々と共に過ごす月経の数日は本当に苦痛としか言いようがありません。

女性はちょっとしたストレスから体に影響が出るとすれば、まず月経に表れる人が多いのです。特に人付き合いで悩んでいる時は、精神的にまいってしまい食欲も減退しますし、排卵を含む女性機能は特に敏感に反応し精神的ストレス、肉体的ストレス共に間脳に大きく影響を与えてしまいます。

そして卵巣にまで影響がくると、そこから分泌されるプロゲステロン、エストロゲンという女性ホルモンのバランスが崩れてしまい月経が止まってしまったり、周期がバラバラになってしまう事態になります。

友人は、離婚の調停で争っている期間の1年ほど月経が止まってしまいました。その問題がある程度解決してから、また月経が元の周期に始まったので、やはり女性ホルモンとストレスは大きな影響を及ぼす密接な関係があるのだと思いました。

女性によっては性格の個人差があって、悩み事など上手く流せる性分でコントロールのきく人はストレスも溜まることが余り無いと思うのですが、なかなか気になった事を忘れたり流せない人の方が多いかもしれませんね。そんな時はなるべく開き直りの気持ちも必要で、"なるようにしかならない"と考えて自分の楽しみ(例えば買い物に出かける、飲みに出かける)を優先することだと思いますね。

ストレスでホルモンバランスが崩れると月経が乱れると同時にお肌や髪にも水分、油分が足りなくなってカサカサになってしまうので、少し値段がかかってもお金に変えられないストレス解消の楽しみを見つけてみましょう。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ