後輩

後輩

私自身、美容室に19歳から勤務して30歳くらいまで働いたわけですが、自分自身が一人前になるまで5年ほどかかりました。美容師は技術職なのでせめてその位の年数は当たり前にかかります。

その期間私の勤務していた店では先輩しかいなくて常に下だったのですがその後、国家試験合格を目指す後輩が二人ほど入店してきました。

細かい仕事の説明を後輩に教えていく役目なのですが、専門学校を出たての子には、現場の仕事はきついみたいで私は自分もその時期を越えてきている事で気持ちは理解できるので仕事の覚えが悪くても、お客様の対応がなかなかできてなくても余り口うるさく言わないようにしていましたね。

目下の子に仕事を覚えさす指導も難しい、と痛感しました。余談も少ししてあげないと緊張しっぱなしなので自分から話しかけたり、一緒に食事をする時もこちらからお客さんの頭の特徴や性格など面白おかしく話していました。

しかし、入店したての男の子のほうは急に休み勝ちになったり遅刻するようになって店の先生にこっぴどく叱られていましたが、結局仕事に来なくなり辞めてしまいましたね。

もう一人の女の子に彼が辞めたのは何故かな、と聞いたところ専門学校を卒業したらすぐにお客様に触れてカットやカラーができると思っていたけれど、現実は違って掃除や接客の応対ばかりで、馬鹿馬鹿しいとそんな愚痴をこぼしていたと言うのです。私の時代とは大きく違うのだと、それを聞いて驚きましたね。

専門学校を卒業したら一人前だと勘違いしている子が多いのかもしれないのです。その瞬間学校は一体彼らに何を教えているのか、と思いました。卒業が最後でなく卒業してからが最初の一歩だと、その説明から先輩である私は教えてあげないといけなかったのか、と最近の専門学校に対して失望した事もありました。

当然、そんな子ばかりではありません、もう一人の女の子は数年真面目に下積みから努力して免許も取得しました。自分が教わる立場より仕事を教えたり適度にくだける付き合いを後輩にする気遣いの方が難しくてあの当時は勉強になりました。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ