就職

就職

初対面の人との会話が苦手な人にとっては、学校を卒業したあとの就職活動でも高いハードルになるようですね。ただ、就職活動で思う会社に入りたいならば、今一度自分自身を見つめ直す事が必要です。

会話の苦手だと自分で言う人、思う人の共通点はプライドが高くて自分自身の個人的な悩みや問題を人には見せず打ち明けない、そして自尊心が高くて優越感のある人が多いと思われます。

また、他人や身辺の人に干渉されるのも嫌で、何となく人との距離を置いてしまう人が多いのです。自分はそうではないかな、と省みてから面接に臨んでもらいたいですね。

まず、自分の考え方の根本を変えることが大事で、なるべく自分に無理をする事はせずに、自然体で過ごす事を考えます、そして相手を尊重する事を心がけて思いやりの気持ちを持つ。また新しく始まる目の前の事に対して意識を集中させて余計な概念を持たず、良い意味のマイペースになることも必要です。

勿論、面接でも人との会話には、笑顔は欠かせませんね。ただ無理をした笑みは返って不自然なので、あくまでも"自然体の自分"を心で念じて人の目をしっかり見て挑めば希望が苦手な接客業でも、きっと合格すると思いますね。面接官は相手の、この会社に就職したいと思う真剣な姿勢が見たいので、誠心誠意で話せば伝わるはずです。

また、人との付き合いが少ない仕事を選ぶならば、製造業などが向いているのかもしれません。しかし職場のコミュニケーションというものは、会話だけの問題では無く色んな年齢の人との付き合いによって、礼儀、心使いや気遣い、そして報告したり連絡を取り合ったり、相談をし合ったりが大切なのです。

これができなければ、会話が饒舌であっても職場で認めて貰うことはできないと思うので、その点を頭にしっかり入れてチャレンジ精神の心で希望の就職先を見つけてほしいと思います。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ