兄弟 (例・姉との場合)

兄弟 (例・姉との場合)

身内同士の人間関係も難しいと誰しも思うでしょう。兄弟関係でも全く付き合いの無い場合もあり逆に幼少の時代から変わらずとても仲良くしている場合もあります。

私の場合は4学年上に姉がいるのですが小さい頃から、母親が二人いるかのように偉そうに言われてきました。幼い頃はそれが普通でしたが、成人して同じ美容師になってからは、同等の付き合いにもなり結婚をするのが私の方が早く、出産は第一子が1ヶ月違いだったので、姉という感覚は幼い昔のイメージでは無くなったのが本音としてありますね。今は同じ年齢の子供を持つ母親同士の感覚です。もし、姉が結婚も出産も全て先輩だったならば、昔と変わらず姉らしさも感じて下という自覚を持っていたでしょう。

しかし、成人してから私は結婚、出産、離婚まで経験してしまった現在は、より一層色んな事を積み重ねてしまって強い女になってしまったからか姉の意見は"気楽な奥さん"の話にしか聞こえなくなっていますね。姉妹なんですが私の心は理解して貰えない存在になっています。

しかし何があっても世界で唯一の姉妹、この関係を消滅する事は周りの様々な身内を悲しませる事も分かっているので、普段は会話もしますし、子供達いとこ同士行き来させていますね。結局、子供の為に付き合いを持続していると言っても過言ではないでしょう。

昔から色んな意味で親からは姉妹を比較されるし、子育てまで比較の対象になるのもうんざりくるのですが、我が子を大事に思ってくれている姉の気持ちも伝わるので色んな縁を考えて付き合いをしていますね。

同じ親から産まれても第一子と二子では性格が違うのは歴然としています。やはり第一子は5年近く一人っ子で親の愛情を一気に受けて育ったので、受動態なんです。それと比べて二子目で産まれた私は構って欲しいという性格になったらしく、しかも年子で男の子が産まれたのが拍車をかけて自己アピールタイプで能動態の性分になったみたいです。

親の証言ですが、私以外は参観日に来なくていいと言うけれど、私は絶対に見に来てほしいと言う性格でした。産まれてくる順番によって、兄弟との関係自体も影響される事が大きいと思います。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ