先生

先生

一口に先生と言っても色んな関り合いがあります。私自身の学生時代の先生だったり、子供の担任の先生との関わりです。

私が中学生の時の担任の先生で、今現在でもお茶をしに行く付き合いを続けている先生がいるんですが、学生時代は先生の威厳があっても今現在は私も先生も家族まで持つ同じ社会人なので、かなり気楽な会話をしていますね。

先生自身も私には教え子というよりも、友達のような接し方をしてくれるので、先生の家庭内の問題などを聞いてあげては、意見を言ってあげたりと、立場が時々逆転してしまっているかな、と思う時もありますが先生もその方が良いみたいなので気楽に接しさせて貰っていますね。

今現在でも先生は現役の中学校の教師をされているので、私の子供も中学生で思春期真っ只中の今時の中学事情を細かく尋ねたりできて、とても助かります。勿論、子供に対する悩みはエキスパートなので、子供の話は先生とよくします。また、我が子の担任の先生との関係は、なるべく子供の気持ちなど知っておきたいために、常日頃の行動を細かく教えて貰うようにしていますね。

我が家が母子家庭という事もあって、私自身が二人の子供の学校での姿をしっかり把握しておかないと、という責任感も父親のいる家庭のお母さんよりもあると思うので、学校の行事のたびに子供の担任の先生とは情報交換をする様に心がけています。父親の役目も果たさないといけないので、先生との会話は特に多くするようにしていますね。

先生といっても一人の人間なので、やはり先生の性分を知る為にも自分自身を知って貰うためにも、会話は絶対に必要だと思っています。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ