子供との関係

子供との関係

我が子だと言っても、親が子供を支配できるものではなく、この関係も立派な人間関係だと思えます。私の子供は小学生(中学年)と、中学生の子供が二人いるわけですが、小学校と中学校では規律自体も大きく違うので、それぞれの子供への対応の仕方も変わってきますね。

小学生の子は男の子ということもあって余り細かいことに拘る性分ではないのですがこの年齢あたりは、成長に伴って親と一緒に歩いたりするのが恥ずかしくなりだす部分と、その逆に母親への甘えたい気持ちが特に強くなるようです。就寝時には一緒に寝てほしいと言ってきたり泣き虫な時期ですね。それは上の女の子もちょうど4年生あたりに、そんな時期があったのでとても共通するな、と思います。

甘えたいけど、照れくさい様な軽い第一期反抗期のようで、対応の仕方も低学年時期みたいに子供扱いし過ぎても駄目なので難しい時期でもありますね。でも、反抗しても理にかなってないならば、叱る事も大切ですしその反面甘えたい時はしっかりと受け止め抱き留める事が大事だと思いその信号を見逃さないように、対応していますね。

姉のいる男の子は優しい反面、気弱な部分があるので泣き虫も高学年になる毎に少しずつしっかりしてくれる願いがあります。また上は中学生なので女の子と言えども急に大人っぽくなって口数も少なく母親と買い物もあまりついてこなくなりましたね。これが思春期なのかな、と自分自身を思い出しながら、接しています。

ただ、中学生になって携帯も持ち始め色んな世界をどんどん吸収していく年代に差し掛かるので、危険な誘いなどにひき込まれないようにじっくりと見守って母親としてではなく、人間の関わり合いとして正直にこちらも話し、うるさがられても母親から積極的に話しかける事、駄目なことは駄目と言って、最近の親は子供に気を使う親も多いみたいですが緩める部分と締める部分の態度はハッキリとさせていますね。

親が毅然とした態度を表し親でも間違ったならば謝る事も大事ですし、子供に対してはいつでもお母さんが貴方たちを守る、という姿勢を示す事こそが親子関係の信頼に繋がると思い、心がけて生活していますね。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ