女性が結婚すると必ず関係が濃くなるのがお姑さんですね。

私は結婚する前日に父親から言われた言葉があるのです。
「結婚したら夫も大切だが、夫の母親(姑)を一番大切にすればおのずと、夫はお前を大切にしてくれる」
とそう言葉を貰いました。

その言葉を頭に入れて、私自身は姑と結婚生活の約11年間直接もめる事無く過ごしてきましたね。その後不本意にも離婚に至ったわけですが、原因は舅と元主人の兄夫婦の不条理な行動が原因で夫婦間がこじれ、最後には夫に敵扱いされて嫁よりも姑を取った事が離婚に踏み切るキッカケとなって私は決意をしました。

しかし、子供の事を思うと元夫と、子供は大事にしてくれた姑との関係を断ち切る気持ちにはなれず、離婚後も約4年元姑を家に呼んだり、食事に行ったり、誕生日や母の日にも今まで通り自分の母親同然、最善を尽くしましたね。

なかなか離婚後に、元の夫と姑との付き合いを続ける女性は殆どいないし、貴方は変わり者だと友人からは言われましたが、その後むち打ちになり子供も少しずつ大きくなるにつれて元姑の家に行くことも、気持ちの時間的な余裕ができなくなってきたんですね。

結局、離婚前後の修羅場も心の傷になっていましたし、元主人と元姑との行き来も私が一人で子供を育てている数年の生活の中では子供の事を考えた責任感だけできたので、かなりのストレスの元にもなっていました。これこそ人付き合いの究極な形かもしれません。

状況を知る人達には、離婚した相手や元姑にそこまで気遣う事は無く、もう子供もしっかりしているんだし自分の心身の健康をまず考えた方がいい、といわれてようやく現在は縁を絶っている状態です。

このような私の場合は極端な例かもしれませんが嫁と姑は90%以上絆が深まる事は無い仲かもしれませんし、お互いにストレスは感じるものでしょう。やはり一番の鍵は息子であり夫である立場の男性の采配によると思いますね。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ