子供・小学生

子供・小学生

我が子と言っても個々の立派な人格を持った"人"です、小学生との人付き合いも繊細な気持ちの部分を読み取ってあげる努力をしなければいけないと、常日頃から私は思います。

我が子には、可愛い部分も勿論ありますが、やはり叱る時はキッチリ言うようにしていますね。ただ、まだまだ幼児性の残る小学生ですから理にかなった促し方をしても理解できているとは限らず、やはり何度も同じ事を繰り返してしまいます。頭では、分かっているのですが、自分自身が仕事や他の事で悩みを抱えている時には心の余裕も無く、繰り返す約束破りに、ついつい感情的になって叱ってしまう事はありますね。

でも、子供自体は本当にその時点は反省しているようですが、また約束(例えば、遊びに行って帰宅する時間を守らないなど)を破ってしまいます。小学生の間は、この繰り返しで、母親も根気強くならないといけません。帰宅の時間を守らない件については特に何故ここまで強く叱るかを説明します。

どんな小さな約束でも大事なんだと、それ以上に大事なのは、帰宅が遅ければ家族が心配するし、その上身の危険があるそれが一番心配だから、口うるさく叱るのだと言います。宿題を忘れて叱られるレベルとは大違いなんですよね。

約束を守らない、周りの人間を心配させる、日が暮れると不審者など最近は恐ろしい事件も多い世の中だから自分の身を守る為にも早く帰宅するべきなのに遅いと、子供自身にその3点の反省点をしっかり理解させて約束を守る事を頭に植え付ける為に何度も言い聞かせながら日々過ごしている状況ですね。それでもまだまだ約束時間よりも遅い時間に、神妙な顔で帰宅する息子に頭を痛めている様です。

しかし、世の中の母親の話では何処の子でも何度言ってもその通りにしないのが子供、何でも完璧に親の言いなりになってきく子の方が返って先々心配だわ、と言われてそれもそうだと納得しています。

親は自分の幼少時代も同じような事があったか、なるべく思い出して子供にも接しないといけないですね。

▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼
▼まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本▼

プロフィール

管理人

管理人は、二児の子供を持つ40歳のシングルマザー。

専門学校を卒業後、美容師として美容院に就職し、その後、結婚と離婚を経験し、会社に再就職しております。

様々な経験を経ており、幾らかは人生アドバイスができる事もあるかと思います。

男性と女性ともに、人付き合いが苦手という方は多いと思います。

会社の同僚や、友人、家族、親戚、兄弟など全ての方に対して、幅広くより良い人間関係を築ければ良いのですが、中には好き嫌いもあるかと思います。

そういう時にはどう接すれば良いのか?という部分を、このサイトでは、私なりの考えでまとめていますので、ご参考頂けたらと思います。

キーワード

サブコンテンツ

サイトマップ